ポロロの徒然なるままに…

子育て主婦の気になるあれこれ

雛人形の片付け方 正しい保管方法で大事な人形を守ろう

   

女の子がいる家庭では、
3月3日のひな祭りとなれば、大事な行事ですよね~

我が家も女の子なので、一年に一度の大切な日に備えて、
雛人形を飾ったり、しまったり・・・

しかし、この時期だけしか出してもらえないお雛様も
なんだか可哀想ですよね~(。´Д⊂)


でもほとんどが押入れや、
箱の中で眠っている雛人形。

だからこそ、正しい方法で保管しておかないと、

顔にシミができてしまったり・・・
カビが生えてしまったり・・・
黄色くなってしまったり・・・
虫に食べられてしまったり・・・


後で取り返しのつかないことになってしまうんですよね!!

「とりあえず、防虫剤をいっぱい入れとけばいいじゃん♪」
とかって思ってると、痛い目見ちゃいますし・・・

なにせ、高価なものですし、
お家によっては、代々受け継がれてきた雛人形もありますからね。

それに、娘の身代わりともなってくれる雛人形を、
大切にしないわけにはいきません!

というわけで!
今回は雛人形の正しい片付け方・保管方法を書いていきま~す!

スポンサーリンク




雛人形を片付けるときの注意点


大切な雛人形をいつまでも美しく保つためには、
片付けるときにいろいろな注意が必要です。

注意点がたくさんあって、大変かもしれませんが・・・
順を追って、注意点を書いていきますね(*´ω`)ノ


◎天気の良い日に片付ける◎

雛人形を片付ける日は、空気の乾燥した晴れの日にやりましょう!

たとえ、忙しくて片付ける日がなくても、
湿度の低い晴れた日にしまうことで、人形に湿気を残さずにしまえます。
人形の大敵である湿気は、カビやシミの原因になりますからね~



◎ほこりをよく取り除く◎

柔らかい羽根ばたきで、人形についたほこりを優しく取ります。

ほこりは虫の住みかにもなるので、きちんと取り除けば、
虫食いやシミなどの原因を失くすことができます。

ほこりをしっかり取って、防虫剤も入れておけば、
虫による被害は最大限に抑えられますよ!

※ほこりを取ったはたきは、ほこりが付いているので、
人形とは一緒に入れずに、防虫剤を入れた袋に入れて、別で保管してください。




◎人形の装飾品を片付ける◎

人形を片付ける前に、小さくて失くしやすい装飾品を片付けます。
人形の数が多い場合は、段ごとに袋に分けて、
袋にどこのものなのかを書いておくと、分かりやすいですよ~



◎雛人形の顔は、柔らかい紙で包んで収納する◎

顔は大事な部分。汚れが付かないようにすることもそうですし、
顔の化粧は、虫のエサにもなったりするので、ちゃんと包んであげてください!

紙は、和紙がいいんですが、化粧用のコットンでくるんでもいいですし、
最悪、ティッシュでも・・・(ただ、細かい傷がつく場合もある)
包むときは髪を崩さないように注意して、ふんわり優しく包んでください。

※顔を触る場合は、素手で触っちゃダメですよ!
手の油が付くとシミにもなりますので、手袋をして触ってくださいね!




◎人形の体も包み、箱の中で動かないように入れる◎

顔と同じく、体の方も紙で包みます。
このとき、衣装が崩れないように気をつけてくださいね~

そして、包んだ人形を箱に入れていきますが、
箱の中で人形が動かないように、紙を丸めたものを隙間に詰めていきます。



◎防虫剤も一緒に入れる◎

防虫剤は、たくさん入っていればいいわけではないんですよ~

逆に防虫剤を入れすぎることで、シミができてしまったり
顔や衣装に、防虫剤の成分が固まって付くことがあるので要注意です!

なので、用量をきちんと守って使うようにしてくださいね!
そして人形には、防虫剤が直接当たらないように入れてください!


気をつけないといけないことは、いろいろありましたが、
めんどくさがらずにきちんとやれば、人形も良い状態で保存できますね。

一年に一度のことですし、頑張ってやりましょう(っ`・ω・´)っ


人形に適した保管方法はこれ!!


「頑張って箱に入れたし、もうこれで終わり~~~♪」

と、お茶にしたいところかもしれませんが・・・ちょっと待って(σ ゜д゜)σ

実は、人形を保管する場所も大切なんですよ!!


◎直射日光の当たらないところ
◎風通しのよいところ
◎湿気が少ないところ
◎気温差が少ないところ
◎乾燥が激しくないところ



人形の大敵である、湿気はもちろんのこと、
日光が当たると、日焼けしてしまいますし、

そして、意外と知らないかもしれないんですが、
乾燥しすぎるところも保管場所には適さないんです!

あまりに乾燥していると、顔にヒビが入ってしまうこともあるので、
ここも気をつけてくださいね~

保管する場所としてオススメなのは、
風通しの良い部屋押入れの上段や天袋です。

逆に、ほこりや虫が入ってきやすい床に直接置くのは、
やめた方がいいですね~


たまには外の空気を吸わせてあげて


一年に一度しか出してもらえないお雛様。

秋ごろに一度、空気が乾燥した晴れた日に、
箱から出して、風に当ててあげるといいですよ。

もちろん日に当ててはダメですけど、
そうすることで、より人形が長持ちしますよ~

そしてしまうときは、ほこりをきちんと取ってからにしてくださいね!


マンションやアパートなどに住んでると、
なかなか収納する場所に困ったりしますけど、

そういう場合は消去法で、
ここは日が当たるからダメ!
湿気があるからダメ!
風通し悪いからダメ!

って感じで、探すといいかもしれないですね(*’▽’*)/

大切な雛人形、きちんと片付けして、
いつまでも良い状態で保管してくださいね~

 - イベント

記事下

記事下

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

  関連記事

バレンタイン
バレンタインデーの由来や意味は?これを知れば見方も変わる!?

年に一度の女性泣かせの日!(笑) バレンタインデーがもう少しでやってきますね~ …

菖蒲
端午の節句で使う菖蒲の購入はどこで?菖蒲湯の方法は?

5月5日はこどもの日でもあり、 端午の節句でもありますね~ この他にも、 菖蒲( …

雛人形2
雛人形の保管に防虫剤はどれを選ぶ??知らないと人形が台無しに!?

ひな祭りが終わるのと同時に、 箱の中に片付けられてしまう雛人形ですが・・・ きち …

ハロウィン
ハロウィンで傷メイク!!肌に優しい方法は?リアルで食べられるものも!?

年々勢いを増すハロウィンですが、 それに合わせて、 いろ~~んなメイクが出てきて …

父の日プレゼント
父の日のプレゼントのおすすめは?観葉植物や涼しいグッズも

今年の父の日のプレゼントは、もう決まりましたか? まだ決めかねている・・・ って …

クリスマスケーキ
クリスマスケーキを離乳食で!材料次第でレシピもいろいろ

年に一度のクリスマス♪ 大人と同じご飯が食べられない赤ちゃんにも どうせならクリ …