ポロロの徒然なるままに…

子育て主婦の気になるあれこれ

じゃがいもの芽は毒!?取り方は??食べても大丈夫なの??

   

最近、スーパーなどで新じゃがを見るようになりました~

もう春もすぐそこって感じですね♪

でもじゃがいもって、
「安売りしてる~♪ヽ(*´∀`)ノ」って思って、大量に買ってきて置いておくと、
いつの間にか芽が生えてしまってたりしますよね~??

よく昔から、じゃがいもの芽には毒がある

とは言われてますが・・・

芽が生えたら、もう食べられないの?
芽を取れば、食べても大丈夫なの?
どんな取り方をすれば安心して食べられるの?


意外と知らないことって多いものです・・・
ちゃんと教えてもらえたらいいんですけどね・・・(o´д`o)=3


なので、実は知っているようで知らない、

じゃがいもの芽の世界、お教えします!!

スポンサーリンク




じゃがいもの芽ってどれくらいの毒なの?


はっきり言って、
じゃがいもの芽の毒は・・・侮っちゃいけません!!

あんなに小さな芽でも大量に摂取すれば、死んじゃうことも!!(゚Д゚||)


えぇ~と、詳しく説明しますと・・・

じゃがいもの芽には、
ポテトグリコアルカロイド(ソラニンとチャコニン)という成分が含まれています。

これは天然の毒素で、神経性の毒なんですが、
この毒の作用は、あの「サリン」ととても似ている、

というから恐ろしいんですよ~~(゚ロ゚;)


ちなみにこのアルカロイド、市販されているものなら
約100gのじゃがいもに、平均して約7.5mg含まれています。

しかし、
じゃがいもに傷がついたり光が当たったりすると、
このアルカロイドが増えて、どんどん緑色になるんです。

しばらく放置しておいたじゃがいもや、
芽の生えてきたじゃがいもで、
表面が緑色になってるのを、一度は目にしたことないですか~?

実はあの緑色のじゃがいもも、
たっぷり毒を持っているので要注意なんですよ!!!

なにせ、緑色になった部分のアルカロイド
100gあたり、約100mg前後にもなってしまうんですから!!(゚ロ゚ノ)ノ

でも、アルカロイドが含まれているのは、
ほとんど皮の部分なので、皮をむいてしまえば大丈夫なんですけどね。


そして、
成人(約50kgの人)が中毒をおこし、最悪の場合、
死んでしまう量とされているのが、150mg~350mgと言われています。

なので、緑色になったじゃがいも
皮もむかずに2個食べてしまえば、中毒をおこしてしまう計算になりますね。

でももっと怖いことに、
芽の部分になると、緑色のじゃがいもよりも多い、
200mg~400mgのアルカロイドが含まれているので、
1個食べれば、それだけで中毒をおこしてしまうんです!

というか、芽だけを食べたら完全に毒ですが・・・∑(; ̄□ ̄A


なんかこうやって見ていくと、
じゃがいもがすごい恐ろしいものに思えてくるかもしれません・・・

実際に、私も怖くなりました~(汗)

でも大丈夫ですよ!

芽も生えてなくて、緑色になっていない普通のじゃがいもなら、
皮ごと2kgを一度に食べなければ、中毒にはならないので安心してください!!

まぁ~、いくらじゃがいも好きといっても、
一度にこの量を食べる人はいないと思いますけど・・・


しかし、もし中毒をおこした場合、
食後数分~数時間経つと、

・腹痛
・吐き気
・嘔吐
・下痢
・めまい
・頭痛
・眠気


このような症状が現れます。
もし中毒症状と分かったら、大量の水牛乳を飲むといいですよ!

でも、自己判断せずに病院に行って診てもらうのが一番ですけどね。


それなら食べるときや、取り方はどうすればいい?


アルカロイドの怖さを知ると、

芽が生えていたり、緑色になったじゃがいもは
食べたくなくなる人もいると思いますが・・・

はっきり言って、
芽が生えていたって、緑色になっていたって、食べられるんです。

でも、ちゃんとした取り方をしないと
中毒をおこしてしまうので、それはそれで注意が必要ですが・・・

なので、取り方を書いていきますね。


芽の生えたじゃがいもの場合は、
毒が一番多いのは芽の付け根辺りなので、

まずは芽をポキッ!と折ってから、
芽の生えていたところを、包丁やピーラーの横の部分で

深く、えぐり取ってください(o ̄∀ ̄)ノ
もう、これでもかっ!っていうぐらい。


そして、緑色になったじゃがいもの場合は、
緑色になっている部分(特に皮)が毒なので、

緑色がなくなるまで、ひたすら皮をむいてください(o ̄∀ ̄)ノ
かなり小さくなるかもしれませんが・・・(汗)

(でもあまりに、中心部まで緑色になっているようなら、
諦めてください!食べない方が安全です!)



これらをすれば、アルカロイドはほとんどなくなるので、
安心して食べることができますよ~

ただ、芽の生えたじゃがいもも、緑色になったじゃがいもも
あまりおいしくはないですが・・・


ちなみに、アルカロイドは、
かなりの高温で熱処理しないと、分解はされないので、

調理するときは、必ず芽を取り付け根を深くえぐって
皮を厚くむいてから、調理してくださいね!!!


芽を生えさせないために・緑色にさせないための保存方法


一番はじゃがいもを買ったら、早く食べること!!

これに越したことはないですね~

でもなかなかそうはいきませんので・・・


・日光(照明)などの光が当たらない、暗い場所に置いておく
 (ダンボールに入れて蓋をして、持ち手の穴のところも塞ぐ、など)

・気温の低い場所に置いておく


これらを守って保存すると、いいですよ。


もしくは、じゃがいもが新鮮なうちに
茹でる・蒸す・レンジでチン!のいずれかで加熱してから

つぶして、小分けにして冷凍しておけば、
いつでも使えるのでいいですね♪

ただ、生のままで冷凍すると、
解凍するときに水分が抜けてしまって、
スカスカで、おいしくないじゃがいもになっちゃうので、
やらないでくださいね~


芽が生えても、緑色になっても、
もったいないから食べる!!

という日本人の「もったいない」精神は素晴らしいですよね~

でも、ちゃんとした知識だけは持っていないと、
それが逆効果になってしまうんだな・・・

と、家族の料理を作るママさんは、責任重大なんだということを
思い知らされた気がします~(汗)

しかし、
芽の生えた&緑色になったじゃがいもを食べなくても、
有効に活用できる方法がないものか・・・

また調べてみます~o(`・ω・´)○

 - 食べ物

記事下

記事下

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

  関連記事

じゃがいも1
芽の出たじゃがいも、子供が食べても大丈夫!?気をつけることは??

子供って、 ポテトサラダにフライドポテト、コロッケなどなど・・・ (思い浮かばな …

妊婦
菊芋は妊娠糖尿病の人に最適って本当??というか妊婦にとっても最適!?

最近、残念なことに 妊娠糖尿病の人が増えてきています。 一度なってしまうと、 大 …

キャベツ
キャベツの栄養や効果は?どの調理法が一番?生のおいしい食べ方は?

キャベツといえば、年中食べられる野菜ですが、 今は春キャベツが旬の季節ですよね~ …

干し柿
干し柿の作り方 カビを防ぐ6つのポイントとは?

寒くなってくると、 軒下に柿がぶら下がっている光景をよく目にしますよね~ あれを …

みかん
みかんの薄皮のむき方は簡単!?これで離乳食にも手軽に使える!!

寒い冬はこたつでみかん~♪ って方も多いんじゃないでしょうか?(*^-^*) 冬 …

柿
柿の栄養は?皮の利用法とレシピいろいろ

昔から 「柿が赤くなると、医者が青くなる」 と言われているほど、 葉っぱからヘタ …